ACCESSアクセス
ACCESS

北九州で頭皮の健康維持に薬膳をおすすめしております

薬膳の作り方が学べる教室

北九州で薬膳の作り方が学べる教室もご用意しております

北九州にある薬膳スクール「桜桃庵」では、白髪や抜け毛を改善したいという参加者様に対して、体質改善を促す養生食をご紹介しておりますので、北九州で頭皮に効果的な薬膳の知識を身に付けたいとお考えでしたら、一度ご相談ください。

北九州にある薬膳スクール「桜桃庵」は、丁寧な対応と分かりやすいご説明で養生食のノウハウをお伝えすることを常に意識しておりますので、安心して参加できる教室や講座をお探しでしたら、ぜひご連絡ください。アットホームな雰囲気の中で養生食の知識やレシピが学べる教室では、健康維持はもちろん、美容にも効果的な食材もご紹介しております。

養生食について研究を重ねた講師が、参加者様に必要な知識をピンポイントにお伝えしておりますので、北九州で薬膳について学びたいとお考えでしたら、一度お問い合わせください。

ACCESS

北九州の薬膳スクール「桜桃庵」は少人数制

北九州にある薬膳スクール「桜桃庵」では、薬膳に基づいた健康的な食生活や健康管理をお伝えしております。病気改善に到るまで本格的な薬膳の知識を学べるスクールをお探しでしたら、一度お問い合わせください。 本校は、北九州空港からアクセス良好です。
アクセス
教室名 薬膳スクール「桜桃庵」
住所

貴楽館:福岡県北九州市小倉北区貴船町12-14 本校:北九州市小倉南区朽網西1丁目

電話番号 093-473-1652
営業時間 完全予約制、原則1・2名制、お1人様からグループまでご希望の時間帯で対応いたします。 貴楽館では、不定期にてグループレッスン(4名様~)開講しております。
定休日 ご予約に応じて開講するスタイルです
最寄駅 貴楽館:西鉄バス白銀バス停徒歩3分、本校:JR日豊線朽網駅 徒歩4分
地図:正式に、受講が決まりましたら、詳細お知らせいたします。また、最寄り駅、バス停までお迎えに参ります。駐車場ございます。
アクセス

北九州にある薬膳教室をご利用ください 本校では、小さな薪ストーブのある玄関ホールであなたをお待ちしています。 貴楽館は、古い民家を利用した小さなイベントホールです。グループで講習会のセッティングも可能です。

北九州にある薬膳スクール「桜桃庵」では、女性の受講生のご利用をお待ちしております。薬膳に基づいた食生活、暮らし方に興味がありましたら、メール、お電話でお問い合わせ・ご予約ください。ご自宅でくり返し健康的なメニューを作ることができる知識とテクニックをお伝えしております。薬膳4,000年の体系は非常に奥が深いですが、まずは必要としている知識をピンポイントで習得できる凝縮された講座を意識しております。 北九州の薬膳スクール「桜桃庵」では、糖質制限でやダイエットをしたい方、抜け毛が気になる方に対しても、必要な食事や生活の知識をお伝えしております。丁寧な対応で安心感のあるサービスをご提供しておりますので、味や演出、栄養のバランスがとれた養生食を学びたいとお考えでしたら、ぜひご連絡ください。

北九州で活動している薬膳スクール「桜桃庵」では、ご自宅で家庭料理としてとり入れられる養生食のレシピをご紹介しておりますので、再現性の高い知識を身に付けたいとお考えでしたら、講座や教室へぜひご参加ください。中医学に基づいた養生食の知識や調理方法を身に付けることで、ご自身の健康維持はもちろん、ご家族の健康にも配慮した食事を作ることができるようになります。

ご高齢のご家族と一緒に暮らす参加者様にもおすすめの知識ですので、北九州で薬膳の知識が学べる講座へ参加したいとお考えでしたら、ぜひご連絡ください。

STAFF

スタッフ

  • 薬膳の先生

    庵主 清水幸子、おうち薬膳研究家:智祥(ちしょう)

    ご自身やご家族の病気、体調不良で、いくつものクリニックや病院を受診してもなかなか改善できない、そもそも原因がわからないなど不安な日々を過す方が多くいらっしゃいします。

    わたくしの母の場合には、病名が確定するまでに5年を要しました。しかし、わかったからといって治療法がない難病。治験も受けましたし、新薬も使いました。
    医師は月に1回血液検査するだけ、いい日も悪い日もある。どうにかしたい。

    また、それ以前には、自身の子宮疾患で長い間つらい日々を過しました。母の病を緩和したい、それには、食生活を柱として、自分自身が研鑽するしかない、ある時期を境に、薬膳・漢方を学習、実践することに到りました。

    そして、10年が経過し、今では「おうち薬膳研究家」を名乗り、みなさまにご自宅で実践できる、薬膳4,000年といわれる体系を意識した食生活の智恵、テクニックをお伝えするようになりました。

    おかげさまで、最後の数年間、母は入院もせず、最期の2週間前まで自宅で過すことが出来ました。

    365日、食べたものからわたくしたちのからだはつくられます。

    そして、心理的、精神的なこととも密接に連動して24時間休みなくはたらいてくれています。

    病気は、結果です。

    結果からさかのぼって原因を推理し、できることから生活を見直して改善する。その多くは、「やりすぎ」「飽和」を見過ごして限界を超えたことにあります。残念ながら、ある日突然に災いが降ってきたわけではないのです。みなさんも反省すべきは反省し、できる努力はしていきませんか?
    まずは、不快な症状を緩和することから、根本原因はすぐには絶てなくても養生できる知恵が薬膳にあります。

    そして、多くのことを知らなくてもご自分に関係のある、すぐに実践できることだけを最初に取り入れてみることをおすすめします。知識や技術は徐々に深めていけばいいのです。実践・継続こそが宝です。
    まずは一度ご相談下さい。あなたの知りたいことをコンパクトにお伝えいたします。